2011/02/24

鼻ピアスは抜けるもんだ。

PCがぶっ壊れたので修理に出していたのが戻ってきました。

XPがなぜか7になて帰ってきました。

うれしい様な悲しいような。

ネットはいまだ復旧せず。近々復旧することだろう。

帰国まであと2ヶ月切りました~。
魚食べなきゃ!魚!

最近鼻ピアスを開けたんだけど、
その一部始終が悲しかったのでお伝えします。

インド人女性のアクセサリー命っぷりは目を見張るものがあるんだけど、
それにはそれぞれ意味があるらしい。

足につけるシャラシャラしているものは旦那様に常に自分の居場所を伝えるため、
ピアスは旦那様の言いつけがよく聞こえるように、
そして鼻ピアスは妻が天狗にならないように。

ほかにもあったけど忘れちゃった。
まぁ、本来はそういう意味でつけているらしいですよ。

で、鼻ピアスかわいいなぁーとずっと思っていたし、
そろそろ暑くなっちゃうから暑くなる前に鼻ピアスを開けてまえ~と
アクセサリー屋さんに行きました。

ゴールドのピアスで600ルピーちょいだったけど、
作るのに1日かかるとのことでシルバーにすることに。

ピアッサーは使わず、ピアス自体でプッっと刺す方式らしく、
ドッキンドッキンしていた。

吸ってー吐いてーを繰り返し、プチっとしたなぁーこんなもんかと思った瞬間。





ブツブツブツ!!!!


あぎゃーーーーーーーーー!!!


そして放心の私の頬を流れる一筋幾筋もの涙。

ほかの人は「痛くないよー大丈夫!」といっていたけど、
鼻の構造がアレなのか、ものすごく痛かった。

20秒くらいで痛みはなくなり、突き抜けた部分を切って、
中をL字に曲げて完成。念願の鼻ピアスだーい~◎

そして翌日、消毒をしているときに悲劇は起こった。



ぽろり。



あ、落ちた。

即効で店に行ってつけてもらったが、
「消毒するときはまわすだけだよ、すぐ取れちゃうからね。」といわれた。

そして翌日。友人の誕生日パーティーをしていたら悲劇は起こった。

眉毛を繋げたりして化粧して遊んで爆笑していたら




ぽろり


あ、取れた。

泣く泣く店に行く。

「何で取れたの?」

「(本当のことが言い辛かったので)寝てたら取れたのです」

すると店主が言い放った。


鼻が低いと取れちゃうんだよねー。


どうせ低いですよ。。。。

そしてピアスをつけてもらった後、30分にわたって
私の鼻がいかに低いかということを図入りで説明してもらった。

涙でお腹がいっぱいになった。

みんな、帰ったら遊んでね。

2011/02/16

隣の珍事

洗濯ヒモ争奪戦の決勝戦に破れたお隣さんがいざこざしています。

ある夜のこと。
隣に住んでいるのは長男と長男の嫁、その子供、長男の父の4人で、
子供はまだ小さいので夜泣きがすごい。

いつものように夜泣きが始まって、
「また始まったー。」と隣の部屋に移動したが、
いつもならおじいさんか嫁が外に出てあやしたらすぐ泣き止むのに
今日はいつまで経っても泣き止まない。

そのうち、男性数人が外で言い争う声が聞こえた。

インド人は声がでかいので、普通に喋ってても喧嘩みたいに聞こえるし、
まぁ友達でも来てるんだろうとしか思っていなかったが、

「マロ!!!!!」(殴れ!!!)

と何度も聞こえてきたのでさすがに不審に思って網戸から外を見た。

すると、2人のインド人男性に隣の長男が殴られている。
マウントとってタコ殴り。長男は既にぐったりして動く気配がない。

長男の嫁が止めに入るも、長男の父が止めに入るも、
ひたすら殴り続ける男性二人。

いやいやこれはまずいだろう。大家さん大家さん!

と、そこに大家さん登場。それを期に長男を引きずるように家に戻して、
何事もなかったかのようにインド人男性は帰っていった。

翌日大家さんに聞いたところ、殴っていたインド人男性二人は
近所に住んでいる長男の弟達だったらしい。

その日長男は酒を飲んで帰宅し、嫁を殴った。
それを止めに入った父親も殴った。
高齢の父親にはもうとめることが出来なかったらしく、
近所に住んでいる兄弟に助けを求めた結果、
長男は激怒した弟達によってタコ殴りにされてしまったらしい。

皮肉にもバレンタインの前日の話だった。
翌日のバレンタインの日は隣も兄弟の家も静まり返っていた。

一番かわいそうなのは嫁だと思う。
旦那に殴られ、旦那が殴られ、踏んだり蹴ったりだ。
離婚した女性が簡単に再婚できる国じゃないし、
「離婚して自立してシングルマザーで育てます」と言えるような国でもない。
(都会では増えているみたいだけど)

耐え忍ぶ嫁に早く幸せになって欲しいと願って止まない、
そんなバレンタインだった。

2011/02/08

洗濯ヒモ 争奪戦

隣にインド人一家が引っ越してきた。

私の部屋とほぼ同じ間取り(2DK+α)だが、
風呂とトイレは外にあるという隣の部屋。

私が一人暮らしに対して彼らは6~7人という大所帯。

必然的に洗濯物が多くなる。

隣の部屋と私の部屋の境界線に洗濯ヒモを通して
使っていたが、彼らの洗濯物が侵食してくることが多々あった。

いや、いいんだよ。

私も鬼じゃないしさぁ。

でもやっぱり気分は良くない。

あっちもあっちで洗濯ヒモを通せる場所を持っているにも拘らず
ハンパない侵食率に少々辟易していたときのことだった。

一人暮らしの洗濯物なんてたかが知れているので、
普段は容認していたけれど、天気が良くなってきたことだし
テーブルカバーとか枕とかベッドシーツとか大物をゴリゴリ(もちろん手で)
洗濯していたときのこと。

外がにわかに騒がしくなってきて、
パンパンと洗濯物をたたいている音がする。

このままじゃ取られる!!!

咄嗟に洗濯を中断して外に出ると、案の定奥さんのサリーやら
子供の服が我が物顔で干されている真っ只中だった。

この国境問題は勝たねばならない!
この領土を取られたらわが国の日当たり問題は延長されるばかりなのだ!

「Exquse me. This is mine ! I want to use it now !!!」

私の中学生英語の威力を見たか!

インドでは「英語を話せる人」=インテリジェントの方式が根強いため、
ここはなんとしてもガツンと(中1レベルだけど)英語で言ってやった。

しかしながら、ドヤ顔でフフンと見つめる私に対し、
彼らの反応は冷めたものだった。

爺さん「キャー ボール ラヒー ハェン?(何言ってんの?)」
奥さん「ヒンディー セ ボリエ ナ。(ヒンディーで言ってよ。)」

うわー!英語通じない系の一家だった!!!

しかも外国人の私に対して、
ヒンディー語が分かる可能性が極めて低い外国人に対して、
ヒンディー語でヒンディー語を話すように強制するなんて
なかなかのツワモノじゃないか。

しかしどっこい。勉強している威力を見てみやがれ!

以下、間違いだらけで必死に説明する私と冷ややかな家族との会話です。

深雪「イェ メーラー ハェ。 アビー イステマール カルナー チャーヒエ。
イスリエ アープカ カプラー トラ ハター ディージェ。」
(これ私のなんです。今使いたいからあなた達の服どかしてくれませんか?)

爺さん「アッチャー、ト ハム キャー カレーン?」
(そっか、で、俺たちはどうすればいいんだ?)

深雪「(知るか!)ナヤー ワラー カリード ケ アプナー ジャミーン パル
ラガー ディージェガー。」
(新しいやつ買って自分達の敷地に張ればいいんじゃないの?)

爺さん「レーキン アープ アケーリー ラヘティー ハェ ナ?」
(でもあなた、一人で住んでるんでしょ?)

深雪「ジー、パル イェ メーラー ハェ。
アープローグ イステマール カルナー サンコーチュ キージェ。」
(はい。でもこれは私のです。あなた達が使うのは遠慮して欲しいんですが。)

爺さん「ティーク ハェ、 ティーク ハェ。ハターウン。」
(分かった分かった、どかすよ。)

深雪「thanks.」


爺さん「Do your Best !!!」


は?!


オマエ今英語使ったろ!!!!!

シレッとした顔で洗濯物をどかして家に入っていった爺さんと、
狐につままれたような顔の私のコントラストがすごい。

しかも何を頑張れって?
ヒンディー?そんなに酷かった?それとも洗濯?
え?何々?もうよく分からない。

それからというもの、その食えない一家と対面せずに洗濯ヒモを占領すべく、
早朝から洗濯をする私の姿がそこにある。

朝7時に起きてまず洗濯。洗えるものがあれば全て洗う。
洗わなくてもいいようなものを洗う。
ついでだから洗濯もするし、電気がきてるうちにお湯を沸かして風呂も入る。
洗濯が終わっても電気があったら勉強して暇つぶしするし、
そんなこんなで10時くらいに停電になるから学校行く。

え、すごい規則正しいよい子じゃない?

隣の一家に感謝しなければ。

2011/02/06

この粘液はどこから来るのか

鼻がすげーズビズバいっています。

3日ほど前、なーんか鼻がムズムズするなぁと思っていましたが、
ここにきて鼻水の大量発生&くしゃみに遭遇。

風邪引いたかなぁと思っていたけれど、
各方面から話を聞くと、おそらくアレルギーなのでは・・・とのことでした。

大学の行き帰りの交通量の多さと工事による
砂埃と排気ガスとで、私のアレルギー許容量が限界地を突破した結果、
大量の鼻水とくしゃみに悩まされる結果となったようです。

先日外食をしていたところ、隣の席にヨーロッパの人が座っていました。

日本では、「食事の場で鼻をかむなんてはしたないわ!」
ちょっとすすったりしてその場をしのぐと思っているのだけど、
西側各国の人は「汚物を再度吸い込むなんて不潔!」という
意見が大半なようなので、すすることもできずにヤキモキしていました。

幸いなことにズルズル出てきていたわけではなく、
「鼻詰まってるー!スンスン!」だったため、
鼻の通りをよくするために鼻息を通そうとフガフガ言わせていた矢先。

フン!


ブバァ!!!


ぎゃー!

のホップステップジャンプで見事な青っ洟を噴出。

手が鼻から離せずティッシュを探してキョロキョロしていると、
隣のヨーロピアンが「Oh! Blood?!」とかなんとか言って
トイレットペーパーを差し出してくれた。
優しい!血じゃなくて青っ洟だけど助かる!

手を差し出して「テンクス!」と言おうとした瞬間。

はーくしょーい!


ブバァ!!!


ギャー!

手からあふれんばかりの鼻水と青っ洟。
流石にヨーロピアンは固まる。
私も固まる。

どう考えてもトイレットペーパーで対処できる量ではないと判断し、
トイレに駆け込み顔を洗ったけれど、
尋常じゃないほどの鼻水に若干ひいた。

鼻の皮は鼻のかみ過ぎで赤剥けてるし、
口で呼吸してるから唇の皮が剥げてるし、
そのうえ顔面鼻水まみれだし、
色んな意味で涙が止まらないし、
最低だった。

明日は家から出まい。

2011/02/05

救援物資到着

日本から救援物資が届きました!

雨季対策の乾燥剤やら圧縮袋やらと共に、
大好きな魚の缶詰とかお菓子とか古着とか
麒麟ビール(コッソリ)とか、
バラナシの食生活に飽き飽きしていた私に
日本の風を送り込んでくれたママン、ありがとう!

早速魚の缶詰を開けて食べてみたところ
ぎゃー!うまい!

魚万歳!お魚様万歳!!!

これからは改宗して魚教でも作ろう。
毎日魚様にお祈りを捧げて、
年に一回は大きな魚像を街中でワッショイするのだ。

で、プレミアム会員は何もしなくても
お金が入ってくるようなシステムを作って
会員を増やすのだ。

魚の缶詰を売るとマージンでいくらか入ってくるような、
そんな魚教を作って日本の漁業を盛り立てるのだー!

ワッショイワッショイ!

そんなことを考えながら完食。しあわせー。

お守りも入れてくださっていらっしゃったので、
前回貰ったお守りと共にかばんにつけました。
魚神様は私を見守って下さっていらっしゃっておられます。

ところで、今回荷物をEMSで送ってもらったんだけども、
荷物の追跡機能皆さん使っていますよね?

で、結構アテにしてるでしょ?

私も結構信じていたし、今でも日本国内の追跡に関しては
全幅の信頼を置いているといっても過言ではないんだけど、
インド国内に入ってからの追跡に関しては一言物申したい。

まずこれを見てください。
























分かりますか?赤で囲ってあるところ。

1月16日1:23にコルカタに到着して、
1月16日1:24にコルカタから発送されてるでしょ?

つまり、到着後1分で発送でしょ?

このサービスが本当ならば、インドの郵送事情が
どれだけ優れているかって話よ。

あるいは、コンベア的なアレにのっかって、
日付変更線的なラインがあって、
「ハイ!ここ超えたら発送ねー!」ってこと?

そんな「あの電柱にタッチしたら一番~!」
「違うよその奥だよ!」って言ってる小学生と
なんら変わらないじゃないか。

いやいや、超高性能分別装置的なのが
秘密裏に開発されていて、シャッシャシャッシャと
恐ろしいまでの速度で分別されてるのかもしれない。

あるいは勤続40年のベテラン主婦的な方が
目にも留まらぬ速さで発送しているのかも。
時給750円(深夜割り増し)とかで。

結局これを見てから10日後に届いたので、
単なるミスだってことが表面化して誠に遺憾なんだけど。

EMSは気長に待て

という標語と共に2011年も頑張ろう。