2010/08/13

中国で足をすくわれる

7時に目が覚めて、 
なんか腰イテェなぁ・・・なんて思ってたら 
あ、ここ中国だ。

日本人かと思いきや中国人っていうフェイントはやめて欲しい。

さて、インド行きの飛行機まであと10時間以上。 
所持金は2000円。 
荷物は多いし重いし、さーて何すっかなぁ。

というわけで、一人twitter始めました。

754のつぶやき 
ぼんやりしていたら中国人一家に囲まれた。 
お父さん、お母さん、お祖父ちゃんに、 
子供が1・2・3…7・8人。 
顔もそっくりだったけど、服が見事にペアルックだった。 
一人っ子政策の実現は遠い。

8:39のつぶやき 
こんなに広い空港の中で、
そして中国人が多い中で、
私の隣に座るのはインド人なんだろう。 
ちょっと安心している私も、なんなんだろう。

9:26のつぶやき 

中国の椅子は振動をよく伝える設計らしい。 
そして、中国人は足を静かに下ろしていられないらしい。
貧乏ゆすりをするたびに、私の体も揺れる。 
この揺れが中国全土に増幅したら、 
すごい地震になるに違いない。

10:19のつぶやき 
お腹すいたからサンドイッチでもと思ったら売ってないでやんの。 
仕方ないから午後の紅茶とコアラのマーチで朝食を済ませる。
侘びしい・・・っていうんだろうな、この気持ち。












10:45のつぶやき
トイレに行って帰ってきたら椅子取られていた。 
荷物置いておいたんだけど、どかされていた。
せめてもの抵抗で、荷物が置かれた床に座ってみた。 
どいてと言えない私は日本人、気づかない相手は中国人か。
なるほど。

14:50のつぶやき 
しばし寝ていた。
お腹すいたからマフィンとお茶を買ってきた。












帰ってきたらインド人に席をとられていた。

またやっちゃった・・・。 
抵抗の元気がないので移動。
言えばいいんだろうけどね。

15:27のつぶやき 
あと20分でチェックインだ!
うほほほほーい!

17:17のつぶやき 
これで荷物預けてチェックインして、
出国審査したら楽勝でしょ!と思っていたら甘かった。
ケーキにシロップかけて、砂糖まぶしてから 
またシロップかけたくらい甘かった。


チェックインカウンターで預ける荷物を渡すと、
Weight Over」って・・・なんでよ!
成田からは25キロでも乗せてくれたのに、
同じ航空会社でも22キロまでって・・・聞いてないよー! 
結局、バッグ・イン・バッグしていたバッグを取り出して、 
荷物を預けたのだった。

が。

これが運の尽き。
取り出したバッグにはクレンジングオイル2本と
マニュキュア10本以上が入っていたのだ。

当然、引火性のあるものと液体物持込で 
荷物検査で止められてしまった。



どうやったら持って行けるの?!と聞きたかったけど、
How....How.....」のあとが出てこない。 
むむむ・・・どうしよう、と思っていたら、
「外に出て友達にでも渡してくるんだな」と言われて
カッチーーーーン!
I'm alone!と言って戻ってきてしまった。



もう、日本語喋れる人を探そうと思って、 
中国人スタッフに「Do you have a Japanese Staff?」と聞くと、
「エ?!」って顔をされた。


あぁ、Do you have~じゃなかったのか。

I want to speak Japanese staff 

すると、

Sorry.........English please 

最 初 か ら 英 語 喋 っ て ま す け ど 、 何 か ?

察しのいい別の中国人が、
日本語を喋れる人を紹介してくれたけど、すごい。

インドでも味わったことのない屈辱感。 

私の心はまさに、ポッキーのようにポッキリいった。 
もう立ち直れない。 

結局、マニュキュアとクレンジングオイルは 
梱包して渡せばインドで受け取れるとのこと。 

ハァ・・・そうすか・・・もう・・どうでも・・。

腰砕けになった私は、 
予定より1時間10分遅れの飛行機でインドに向かうのだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿